着物は帝国謝儀の象徴ニダ、ホルホル

米ボストン美術館の和服体験イベント、「帝国主義」批判で中止 
8f670c70
2015年7月8日、環球時報(電子版)によると、米ボストン美術館に展示されている印象派の巨匠、クロード・モネの油彩画「ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)」をテーマに、来場者が和服を着て絵と一緒に写真を撮るイベントが一部の批判を受けて中止された。

「ラ・ジャポネーズ」は白人女性が赤い和服をまとい、微笑んでいる構図。米紙ボストン・グローブによると、美術館側は絵と鑑賞者の「相互体験」を狙って写真撮影イベントを開催した。実際に和服を着て、生地に触って感触を確かめ、刺繍の細かさなどを知ってもらうことが目的だった。

しかし、一部から「民族蔑視だ」、「帝国主義を連想させる」などの批判が噴出。
美術館側はイベント自体を中止した。

【ネタ記事】 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000011-rcdc-cn 

 
616bef94

dc725573

065dbc05

fff71828

b786144c

854:日出づる処の名無し:2015/07/09(木) 12:42:38.37 ID:SbUUhw+v.net

>>842
こんな事して、わざわざ足を運んで楽しもうとしてた人たちが
「これはレイシズムだ、気付かなかった!教えてくれてありがとう朝鮮人!」
となるとでも思ってるんだろうかね、このキチガイどもは…


859:日出づる処の名無し:2015/07/09(木) 12:44:44.13 ID:9Bl64bjn.net

>>842
モネの絵を見て着物を体験することが、なぜ民族蔑視になるのか素でわからん

 
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/asia/1436228138/ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です