口蹄疫の起源は韓国ニダ、ホルホル

宮崎)口蹄疫防げ、県内厳戒 韓国で猛威、過去と同様 
32
 韓国で家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)が広がっている。過去に県内で口蹄疫が発生した際、韓国でも発生していた。県民の暮らしに大きな
影響が出た2010年の口蹄疫発生から約5年。畜産、防疫関係者は「二度と起こしてはならない」と警戒を強めている。

■畜産農家・観光業に防疫喚起

 「口蹄疫のリスクが非常に高まっている。防疫を改めてお願いします」

 先月30日、県児湯農林振興局の職員らが高鍋町のホテル四季亭を訪れた。農畜産課の甲斐敬康課長が資料を示しながら協力を求め、ホテル
の金田一成社長も「指導を受けながら、できることはやります」と応じた。

【ネタ記事】http://www.asahi.com/articles/ASH1X6VMXH1XTNAB01D.html   

口蹄疫発症地域からの韓国人研修生受け入れはずっと断ってきたのだが、農水省や民主議員の強い要望で実行になった。
2009年10月 宮崎県内の農協で 宮崎牛の冷凍精子1,300本が盗まれた。
2009年11月 農協の近所の畜産業者で「口蹄疫」に感染した牛が発見される。
2010年 韓国は「韓牛」という名の新ブランドを立ち上げた。和牛にそっくりな韓国牛になるという。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です