韓国の原発は安全な原発ニダ、ホルホル

韓国、使用済み核燃料が床に落下 09年、作業員が回収 
3
韓国南東部の慶州にある月城原発1号機で2009年、使用済み核燃料を原子炉から出し、燃料プールへ移す過程で燃料集合体が破損し、燃料の一部が格納容器内の床に落ちる事故があったことが3日分かった。

原発運営会社の韓国水力原子力(韓水原)は燃料を回収するため直後に作業員1人を現場に投入し、燃料から数メートルの地点で作業させていた。野党正義党の国会議員、金霽南氏が公表し、監督機関の原子力安全委員会も認めた。安全委は外部への放射能漏れはないとしている。

韓水原は事故を同委に報告せず、同委も事故を確認したが公表していなかった。

【ネタ記事】http://www.sakigake.jp/p/news/main.jsp?nid=2014110301001732
  

 青 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です