韓国の姫ニダ、ホルホル

 2014年9月28日、韓国・YTNによると、北朝鮮国防委員会政策局の報道官は27日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が国連での演説で、北朝鮮の核問題と人権問題を提起したことを非難する談話を発表した。 
13
報道官は談話で、「北朝鮮が核抑止力を高めるのは米国の核脅威に対抗するためだ。国連が人権改善問題に真剣に関心を持つなら、韓国社会や米国社会の人権問題をまず解決すべきだ」と批判。その上で、「民族の平和を保障し、南北関係を改善するため、北朝鮮軍が出した結論は朴槿恵を滅ぼさねばならないというものだ。彼女は悲惨な終わりを迎えることになるだろう」と述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「他の国を批判する前に、自国民の批判の声に耳を傾けろ」
「韓国の姫を侮辱するな」
「北朝鮮が怒るのは、朴大統領がしっかり仕事をしている証拠だ」
「北朝鮮はいつ滅びてくれるだろうか?」

「朴大統領を批判していいのは韓国人だけ!北朝鮮にそんな資格はない」
「いつものことだね。まだ飽きないのかな?」
「北朝鮮のこの反応を見ると、朴大統領が全くの能無しってわけではなさそうだ」
「朴大統領は何も考えていないし、約束も守らないけど…北朝鮮に言われるとむかつく」

「正しい意見だ」
「朴大統領が非難されたのは、北朝鮮のせいじゃなくて韓国国家のせいだ」
「朴大統領にも問題がある。北朝鮮の命ともいえる核を放棄しろと言ったって無駄じゃないか?それよりも、米国に抗議し、韓国も核を持つべきだ。
そうすれば、北朝鮮だけでなく、日本や中国までけん制できる」(翻訳・編集/篠田

【ネタ記事】レコードチャイナ 2014年9月30日 2時50分 http://www.recordchina.co.jp/a94891.html  

 青 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です