どんな汚い事をやっても勝てばいいニダ、ホルホル

 「試合直前にドーピング検査」「送迎車2時間待ち」とことんまでやる!韓国が勝つために“ずるい行為” 
15
韓国・ソウルで開催されているアジア大会で、韓国の「ずるい行為」が取りざたされている。9月23日、環球時報が伝えた。

台湾メディアは、野球の台北チームの羅嘉仁選手が試合前に抜き打ちのドーピング検査を受け、ウォーミングアップができなかったと報じた。韓国、台北ともに野球の金メダル候補。

台北のバトミントン選手も「午前9時からの試合なのに7時に会場入りするように言われ、送迎車が来るのをみなで待っていたら、2時間も待たされた」と訴えた。

馬術では、韓国選手だけが、ボランティアによってメディア取材のガードを受けた。日本メディアも、バトミントン男子の準々決勝で、日本チームが空調による「不可解な風」の影響を受けたと報じた。韓国選手が攻撃するときと、日本選手の攻撃する時で、風向きが変わったとの声が出ている。

【ネタ記事】http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/396129/
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です