韓国は整形大国ニダ、ホルホル

■ 30代未婚女性、最近整形の副作用を訴えた後自殺・・・病院側沈黙無回答

■ 手術の副作用、被害申告急増・・・今年の8月までに56件に達する

■ 病院相手の紛争、勝訴事例多数、積極的対応が必要

 
11
 先月初旬、ソウル江南(カンナム)の某整形外科で『眼瞼下垂』の手術を受けたイ某さん(39歳・女)は、手術後3週間経たないうちに釜山(プサン)大淵洞(テヨンドン)の自宅で死んでいるのが発見された。

 イさんの家族によれば、目元を矯正するために眉毛を上にあげる手術と目頭切開、二重瞼の手術を同時に受けた彼女は手術から数日経って、「前がよく見えない」と苦痛を訴え始めた。

 急激な視力低下と同時に深刻な頭痛、手術部分の痛みに苦しんだイさんの体重は、手術から一週間で5kgも落ちた。手術した病院で入院治療を受けたが、痛みと吐き気は治らなかった。

 イさんの姉のミヨンさん(仮名)は妹が死んだ後、警察で「整形の後遺症のせい」と話すと警察は、「“勝てない”と言っていた」とし、「病院に妹の死を伝えたがまだ何の回答もない」と悔しさを表にした。

 それと同時に「病院と争って勝てないと言っても、病院へ行って一体なぜ私の妹が死ななければならなかったのか、病院側の理由を聞きたい」とし、「妹は病院で処方した薬をずっと飲みながらも苦しんでいた」と涙声で話した。

 各種の整形手術が大衆化しながら、手術の副作用による被害が大幅に増えている。

 韓国医療紛争調停仲裁院によれば、去る2012年では18件に過ぎなかった整形手術の被害申告は、翌年51件に垂直上昇した。今年の場合8月までに寄せられた被害申告が56件と、すでに昨年全体の申告件数を超えている。

「二重瞼の手術後、目の上に感覚がない」という心配から、「両顎(輪郭)手術から3ヶ月、まだ食べ物をまともに食べられない」など、正常な生活ができないという訴えまで様々。『再手術』を問い合わせる書き込みも少なくない。

 再手術をするとしても問題が解決されるわけではない。去る2010年頃に胸に補型物(インプラント)を挿入する手術を受けたキム某さん(36歳)の場合、胸の大きさが変わる副作用で2回の再手術を受けた。

 しかし非対称はさらに酷くなり、胸のいたる箇所に傷跡が残ってしまった。病院を相手に損害賠償請求訴訟を起こしたが、結果を予測する事はできない状況だ。何よりも彼女は数年にわたる治療と再手術で、30代の半分を虚しく失ってしまった

 会員数が4万2000人余りに達する某ポータルサイトのアンチ整形カフェの場合、手術部分別に分けられた副作用掲示板に1日に1~2件ずつの被害を訴える書き込みが着実に上がっている。

 整形手術副作用の被害者たちは『甲』の地位にある病院との争うことで、精神的苦痛まで二重苦を経験する。大部分病院が少ない金額で合意を得ようとしたり、訴訟を恐れていないからである。

 複数の法律専門家たちは、「弁護士だけではなく合意のみを専門的に処理する“室長”を別に置いている病院もある」と打ち明けた。しかし意外にも、整形手術の被害者が病院に勝つケースが多いという点を強調し。.

 法務法人メホンのホン・スングォン弁護士は、「整形外科の場合、副作用が予想よりも多く発生していると病院の立場から、最大限補償金を遅らせて払おうと引き伸ばすケースが多い」とし、「病院が引き伸ばすと損害賠償訴訟を行いながら治療費と今後の治療費、慰謝料を受け取れても、大まかな合意だけで終わらせるケースが多い」と残念そうに話した。

 同時に、「美容整形の場合、手術方法と副作用、医師の能力などを全て説明しなければならないだけではなく、発生確率が低い副作用まで必ず説明しなければならない。手術の同意書に副作用を包括的に記載していた場合でも、判例は患者の手を上げた」とし、「患者が副作用を正確に理解したのかも医師が責任を持って立証しなければならないため、被害者は無条件に諦めるよりも被害に対する補償方法を積極的に講じなければならない」と助言した。

【ネタ記事】 NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語) http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0006080036  

 
 最大の原因は土台が悪いのに、物理法則すら無視して人間に見えるように魔改造することに問題があるのではないか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です