死体はラブドールだったニダ、ホルホル

 水路に死体が捨てられている!~警察が通報を受けて鑑識班など総動員した結果・・・ 
70
14日の午後4時30分、京畿道(キョンギド)揚州市(ヨンジュシ)の某寺院近くを家族と外出をしていたイ某さん(48歳)は、寺院の奥の水路で人のような物体を発見した。

身長145cmの人のようなこの物体の顔と体にはデニム生地の布とテープが巻かれていて、足にはストッキングが履かされていた。

イさんはこの物体を死体だと判断、すぐさま警察に通報して、警察は鑑識班などの捜査要員を動員して現場に出動した。

しかし鑑識の結果、この物体は女性の身体を真似て作ったラブドールだった事が判明した。
90
警察は、「人形の肌の組職など本物の人間とそっくりに作られ、最初に現場に出動して人形の足を触った警察も人間の死体で見誤るほどだった」とし、「本当の死体ではなくて良かった」と話した。

【ネタ記事】アジアトゥデー(韓国語)  http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20140915010006701  

 
オリエンタル工業製の逸品ならもっと死体っぽく見えたかも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です