いよいよ金が尽きたかニダ、ホルホル

 サムスンがチェルシーと契約解除ではなく、チェルシーがサムスンと契約解除 
2
 2005年からサッカー英プレミアリーグの名門チェルシーのスポンサーを務めているサムスン電子が、同クラブとのスポンサー契約を解除することが分かった。英紙デーリーメールが8日(現地時間)報じた。サムスン電子は「2015年まではスポンサーを務めるが、 その後については決まっていない」と説明した。これまでチェルシーのユニホームにはサムスン電子のロゴが入っていたが、デーリーメールによると、来年下半期に開幕する15-16年シーズンからはトルコ航空のロゴが入るという。

 サムスン電子がチェルシーとのスポンサー契約を解除するのは、すでにマーケティング効果を十分に上げられたと判断したためだとされる。  サムスン電子は2005年、チェルシーと年間1800万ポンド(約31億円)のスポンサー料を支払う契約を結び、ユニホーム前面に ロゴを掲出していた。チェルシーが自国リーグやチャンピオンズリーグで優勝した際も選手たちはサムスンのロゴが入ったユニホームを 着用していた。

カン・ドンチョル記者

【ネタ記事】朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/09/10 08:10 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/10/2014091000374.html 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です