今までと同じようにサボっているだけニダ、ホルホル

 今この韓国には公職者としての良識を待ち合わせた人物がほとんど見当たらないのではないか 
20
中央日報(電子版)によると、今年8月7日、セウォル号沈没事故が発生した現場から約10キロの海域で、漁船と貨物船の衝突事故が起きた。付近をコントロールする海上交通センターが漁船の管制をできなかったことが原因だという。


同センターを含む海洋警察は、セウォル号事故でも管制のありようや救助などをめぐる不備を問われ、解体されることが決まった。事故の責任を押しつけられた格好だが、海洋警察はその後、あらゆる場面で“無気力”な状態が続いているという。

(略)

【ネタ記事】 MSN産経 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140823/waf14082307000002-n1.htm

 
韓国の海洋警察は、元々、海上警備を目的にできた組織であり、日本の海上保安庁の様な、救難対応能力は低かった。

その海洋警察を遮断したのが、朴槿恵であり、自分に向けられる非難の矛先をかわす為に、即断した。
槿恵が我が身可愛さでの判断でしかなく、現場の職員が無気力になるのも理解はできる。

まず、遮断されるべきは、当日7時間行方不明であった朴槿恵自身である、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です