応援団はファンボットニダ、ホルホル

大量の「ファン」がスタジアムに導入される 
 日本で一位、二位を争う人気のスポーツと言えば野球でしょう。今の時期は夏の甲子園も開幕し、日本中が野球に夢中になっています。たとえどんなに自分の応援するチームが弱くても、負けてしまってもそこから別のチームに浮気することなく、熱心に応援し続けるところが日本の良いところだと言えるのではないでしょうか。

 ある韓国のプロ野球チームは、あまりにも試合に負け続けているためファンの数が
激減してしまったそうです。そのためいくら試合をしても観客席はちっとも盛り上がらず、選手の気持ちも下に向きがちだったそうです。そんな選手たちを鼓舞するために大量の「ファン」がスタジアムに導入されることとなりました。
100
 そのファンとはロボットなのです。ファンボットと名付けられたロボットたちは人間そっくりで、このチームのユニフォームをみんなおそろいできています。スタジアムの空席に着席して、声援を送ったり、プラカードを掲げて手を振ったりしてくれるそうです。


【ネタ記事】 http://news.ameba.jp/20140821-676/ 

 

アイディア自体はおもしろいと思った
かわいいロボットが踊りながら応援する客席があれば
それを見に来る人も出てくる

設置したロボットそのものをネットを通じて動かして自分が応援したり
付属のカメラで野球観戦が出来るようにしたら
在宅観戦ができて楽しいかもしれない
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です