新しい慰安婦ニダ、ホルホル

14061210

A Pink、日本の会社と契約間近…「下半期に進出」
ガールズグループ「A Pink(エイピンク)」の日本進出が迫っている。
A Pinkの所属事務所側は最近、日本のあるマネジメント会社と契約直前段階まで進んだ。このマネジメント会社は以前にも韓国の有名ガールズグループの日本進出と活動を成功させている。
日本市場に詳しい関係者は「日本の会社側がA Pinkの成功の可能性を高く見ている。ラブコールが多かったが、A Pinkの所属事務所側が細かく条件をチェックしていると聞いている。近くマネジメント契約とレコード契約がすべて完了するだろう」と伝えた。
A Pinkは現在、大韓民国を代表するガールズグループの一つ。4月にカムバックし、ミニアルバムタイトル曲『Mr.Chu』で国内音源サイトのほか、歌謡ランキング番組でも1位になった。少女時代、2NE1に次いで、名実ともに次世代人気ガールズグループを予約した状態だ。関係者の間でも、日本で成功する可能性が最も高いガールズグループに挙げられている。
A Pinkは14日、旅客船セウォル号沈没事故のため延期された2回目のファンミーティングを開催する。ソウル光云(クァンウン)大学文化館で2000席規模で開く。

【元記事】http://japanese.joins.com/article/392/186392.html?servcode=700&sectcode=740

 整形に失敗した慰安婦を日本に送り込むなんてどこまで日本をなめているんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です